ライラック
漫才/引っ越しの挨拶
アクセス数:13 サイズ:8.2KB(middle) 投稿日時:2017年04月13日 21時25分 更新日:2017年04月13日 21時25分 投稿者:いしかわゆうき
鈴木:はいどうも! ライラックの鈴木でございます!

石川:貴方の心には何の花が咲いていますか? ライラックの石川です。

鈴木:いきなり話が見えねえよ! それはさておき御覧になられている皆様、我々の漫才をどうぞ気楽に楽しんで下さいね!

石川:僕の心には桜の花が咲いています。鈴木さん、貴方の心には何の花が咲いているのでしょう?

鈴木:答えるまで終わらねえつもりか!? そうだな、向日葵が咲いているよ。

石川:ところで引っ越しの挨拶って大事ですよね。

鈴木:ちょっと待て! 振っておきながらフォロー無しかよ!

石川:だけど僕、今までに引っ越しの経験が無いので失敗してしまわないか不安なんですよ。

鈴木:じゃあ俺が練習台になるから、今ここで挨拶の練習してみろよ。

石川:有難うございます…………ドンドンドン! いるのは分かっているんだ! 開けなさい! 
   ドンドンドン! 早く! 早くドアを開けるんだ!

鈴木:は、はい? ……ガチャ。

石川:突然の訪問申し訳ございません。実は私、隣に引っ越してきた者です。

鈴木:普通に来いよ! ビックリするだろ、何事かと思ったわ!

石川:失礼しました……ピンポーン! ガチャ! すみませーん!

鈴木:勝手に開けるな! 俺が開けるまで待て!

石川:分かりました。ピン……………………。

鈴木:ガチャ! ボタンから指を離せよ! ポーンはどうした!

石川:あ、どうも初めまして。去年引っ越してきた者です。

鈴木:遅いだろ! 今になって何の用だ!

石川:一年間の単身赴任ということだったので、明日また引っ越します。

鈴木:何しに来たんだよ! これほど名残惜しくない別れがあるとはな!

石川:そういう訳なので餞別を下さい。

鈴木:図々しいわ! よく初対面の人間に対してそういうことが言えるな!

石川:…………ポーン!

鈴木:今かよ! そうじゃなくて引っ越し当日という設定でやり直せ!

石川:はいはい……どうも、今日隣の町に引っ越してきた者です。

鈴木:遠いな随分! え? 隣町って、お住まいはどちらで?

石川:はい。マサラタウンです。

鈴木:それってポケモンの奴だよな! じゃあここはトキワシティか!?

石川:老後は静かな田舎町に移り住み、のんびり研究活動にでも勤しもうかとおもいましてのう。

鈴木:オーキド博士か、お前!

石川:ピンポーン!

鈴木:うるせえよ! チャイムを正解の音みてえに使うな! ていうか違うだろ絶対!

石川:みんなもポケモンゲットじゃぞ! じゃーんけーんぽん!

鈴木:サザエさんが混ざってる! ふざけてないでちゃんとやれ!

石川:あ、どうも。今日隣に引っ越してきた者の親友なんですけど。

鈴木:代理をよこすな! 本人が来いよ!

石川:どうも。こしてきました。

鈴木:ああ、引っ越してこられたんですか。

石川:いえ、餡子をこしてきました。こしあんの完成です。

鈴木:何の報告だ! そうじゃなくて引っ越してこいっての!

石川:引っ越してきました! ではそういうことで失礼します!

鈴木:おざなりすぎるわ! 普通は手土産の一つでも置いていくものだろ!

石川:ほんの気持ちですがどうぞ! よく分からないペナントと木刀です!

鈴木:心の底からいらん! 貰って困る土産のツートップじゃねえか!

石川:ほんの気持ちですがどうぞ! スヌーペーとモッキーマウスのぬいぐるみです!

鈴木:いらんいらん! そんな怪しげなパチモノ押し付けるな! もう少しまともな物を持ってこいよ!

石川:どうぞ! 韓国土産です!

鈴木:ああ、これはどうも。

石川:ほんのキムチです!

鈴木:下らねえんだよ! 何がほんのキムチだ!

石川:それから、この羽毛布団も差し上げます!

鈴木:え、いいんですか? こんな上物。

石川:ご遠慮なさらず! 何かさっき変な書類にサインしたら山ほど送られてきたので!

鈴木:引っ越し初日にカモられてんじゃねえか! 他人事ながらただ心配だわ!

石川:…………ポーン!

鈴木:いつチャイム押してたんだよ! ピン、無かっただろ!

石川:何ですか。そんなに文句を言うなら貴方がやってみせて下さいよ。

鈴木:分かった。じゃあここからは俺が引っ越してきた人ということで…………ピンポーン!

石川:……い、命ばかりは……命ばかりは助けて下せえ……。

鈴木:ピンポーン!

石川:……私が悪うございました……何でもします。何でもしますからあ……。

鈴木:ピンポーン!

石川:……ゆ、許して……ぎ、ぎやああああああああああっ!

鈴木:早よ出んかい! 何に怯えているのか知らねえけどよ!

石川:ええっ! 聞いてはくれないのですか!? 僕がさっき何を恐れていたのか!

鈴木:んあ? 何に怖がってたんだよ。

石川:それだけは教えられん! それより漫才に集中だ!

鈴木:なるほどバカにしてんだな? よし分かった後でしばく……ピンポーン!

石川:はい、どちら様ですか?

鈴木:今日隣に引っ越して来た者です。これからよろしくお願いします。

石川:これはご丁寧にどうも。こちらこそお願いいたします。

鈴木:それでコレ、ほんのお気持ちですけどどうぞ。

石川:ありがとうございます…………ガチャ!

鈴木:ずっと閉まってたのかよ! 今までドア越しで話していたのか!

石川:ほう、これは油ですかな?

鈴木:いえ洗剤です。

石川:なるほど油ですか。

鈴木:洗剤です。結構有名な高級品なんですよ。

石川:ありがとうございます。丁度油が欲しかったんですよ。早速これで揚げ物を……。

鈴木:死ぬぞアンタ! だから洗剤だって言ってんだろうが!

石川:ああ洗剤ですか……ちっ! いらねえよこんなの。でも表面上は感謝しておくか。
   有難うございます! 本当に嬉しいです!

鈴木:建て前言うくらいなら本音隠せよ! 全てが筒抜けだぞ!

石川:ではお返しと言ってはなんですがコレを! このままご返却します!

鈴木:ごめんなさいねえ! お気に召さなかったようで!

石川:つまらない物ですけど、ほんのお気持ちです!

鈴木:やかましいわ! 俺が選んで買ってきた奴だよ!

石川:はっはっは! なんだか貴方とは馬が合いそうだ!

鈴木:気のせいだよ! まあいいや。お隣さん同士ということで、今後ともよろしくお願いします。

石川:いやまあ、僕は明日この家を引っ越すんですけど。

鈴木:何だよそれ早く言えよ! 本当に何だったんだこの時間は!

石川:そういう訳なので餞別を下さい! その洗剤以外で!

鈴木:だから図々しいわ! いい加減にしろ!

2人:ありがとうございました。
題材:
月間投票ランキング ネタ投票
このネタは投票対象外です。
ユニットお気に入り登録
お気に入り登録を行うにはログインが必要です。
ネタ評価投稿
評価を投稿するにはログインが必要です。

評価全体
No Data
評価個別