岡井雅(非可逆劇場)
ピンネタ/狂気と無感情
アクセス数:52 サイズ:7.3KB(middle) 投稿日時:2016年11月24日 15時38分 更新日:2016年11月24日 15時38分 投稿者:ドロップ
今回はわんぱく幼稚園で園児の皆に向けて私、岡井から手品をしますよー。

皆ー。準備はいいかなー?

\はーい/

じゃあまずは、スプーン曲げの手品だよー。行くぞー。はい。

(スプーン曲がらない)

あれれ? スプーンか曲がらないなぁー。

(横にある窓が曲がる)

うわあ。スプーンじゃなくて窓が曲がっちゃったー。

\ワハハハハ/

ちなみにこの窓は強化ガラスですか?

あらら。強化ガラスが簡単に曲がっちゃったー。

\ワハハハハ/

さてさて、気を取り直してー。人形が一人でに動き出すよ。

3 2 1 はい。

(人形動かない)

あれれ? 人形が動かないなぁ?

(スプーンが一人でに動き出す)

えぇぇ。スプーンが動き出しちゃったー。今更反応するなら、さっき反応してくれよー。

\ワハハハハ/

次は何も無い所からコインが出てくる手品だよー。

はい。3 2 1 どん。

(何も無いところから蟻が1匹出てくる)

蟻かよー。

\ワハハハハ/

さてさて、次にトランプマジックだよー。

(『パカッ』トランプケースを開ける)

まずはー…じゃあ先生。好きなトランプを1枚取ってください。

いいですか? では先生、そのトランプの数字を確認してください。

ちなみに私はそのトランプが何なのかは知りません。

それでは、先生が選んだトランプを当てますよー。先生の選んだトランプはー。ハートの4。

あれれー? 違ったー? うわあ、ジョーカーかー。間違えちゃったー。

\ワハハハハ/

ちなみに先生はバツイチですか?

あ、そうなんですか。そっちは当たるのかい。(トランプを片付けながら)

\ワハハハハ/

さっきから自分が言っているのとは違う所が反応するんだよね。

まぁそれはさておき

今度は、この鍋に蓋をします。

まだ蓋は簡単に開けることが出来ます。

しかし、私がカウントすると蓋が開かなくなります。行きますよー。

3 2 1 はい。

これで蓋が開かなくー

(『パカッ』蓋が簡単に開く)

\ワハハハハ/

てことは何が開かなくなったんだー? このトランプケースか?

(『パカッ』トランプケースが開く)

開くのかーい。

\ワハハハハ/

じゃあ何だろう? まぁいずれか分かるだろう。

さてさて、今度はー。空中浮遊マジックだよー。

このクラゲみたいなもじゃもじゃした糸があります。ここにこの風船を下から近づけるとー。

なんとー。浮きまー

(クラゲみたいなやつが下に落ちる)

ず。

\ワハハハハ/

これは静電気を使ったやつだから絶対浮くはずなのになぁ。

っていうか普通にタネ言っちゃった。でも相手が園児だから何も分かってねえや。

(岡井の体が浮く)

\わあああ!!/

えぇぇ。そっちー。本来やろうとしてたやつより、スゴいことが出来ちゃった。

さてさて、宙に浮いた所で次に、再び登場この人形。この人形を少し頑丈なシャボン玉で包み込みます。

いきますよー。そーれ。

(シャボン玉を膨らます)

(人形にシャボン玉がぶつかる)

(シャボン玉が跳ね返って宙に浮いてる岡井にぶつかる)

(岡井がシャボン玉に包まれる)

\おおお!!/

思ってたやつと違うんだよな。そして、また本来よりスゴいことしちゃった。

ちなみにこのシャボン玉はちゃんと空気は通すやつでした。なので息はできます。

さてさて、宙に浮いてシャボン玉に包まれた所で。次に消失マジックです。

このコインをカップにいれます。そしてカウントすると、コインが消えて100次元の世界に行ってしまいます。

いくよー。3 2 1 はい。

(前で座って見ていた園児が1人消える)

\きゃああああああ!!/

うわあ。園児が消えちゃったー。誰? たかし君?

たかし君が消えちゃったー。

何ですか先生? たかし君はどこへ行ったのかって?

さっき言ったじゃないですかー。100次元ですよ。

何ですか? たかし君を返して下さいですか? ちょっと無理ですねー。 ごめんなさい。

さてさて、パニックがスゴいですけど次の手品です。

これは、ある透明な箱に入った電球です。これを手に触れずに割ります。

せーのっ。

(『パリーン』教室の蛍光灯が割れる)

\きゃああああああ!!/

ありゃりゃー。蛍光灯が割れてガラスが降ってくるし中に水銀が入ってるタイプだから水銀も降ってくるね。

僕は少し頑丈なシャボン玉のおかげで無傷ですが。

(『ガンガンガン』先生や園児が教室のドアを開けようとするけど開かない)

あらら。さっきの蓋が開かなくなるやつでドアが開かなくなったのかー。納得納得。

(『ガンガンガン』窓も開かない)

窓は曲がったから立て付けが悪くなって開かないんだね。

さて次の手品は、三度登場この人形。この1つの人形を大量に増やします。

せーのっ。

(蟻1匹が大量に増える)

\きゃああああああ!!/

ありゃりゃ、手品で出た蟻が大量に増えちゃって床が見えないや。

僕は宙に浮いてるおかげで何も関係ないですが。

(岡井が蟻を1匹拾う)

さて次はこの蟻を一瞬で粉々にする手品だよ。

もう誰も聞いてないし見てないけどやりますねー。せーのっ。

(園児1人が粉々になる)

\きゃああああああ!!!/

あれー。血がスゴい。

普段は1回しかやらないけど、今回だけ何となくもう1回やります。 せーのっ。

(園児がもう1人粉々になる)

\きゃああああああ!!!/

さぁ次の手品だよー。

(蟻を1匹ビンに入れ密閉する)

次はこのビンから酸素を抜く手品だよ。

とうしたんですか先生? 何かを悟って僕を必死に止めようとしてますけど。まぁ私は何も悟ってないので続けますけどね。

せーのっ。

………。

そもそも酸素が透明だから成功したのかどうか分からないよー。

何か少し息苦しいな。まるでこの教室から酸素が抜けてるようだ。

さてさて、最後は四度登場のこの人形を私、岡井の家へ瞬間移動する手品だよ。

それではカウント。3 2 1 

(岡井が消える)
題材: 幼稚園  手品  ピン 
月間投票ランキング ネタ投票
このネタは投票対象外です。
ユニットお気に入り登録
お気に入り登録を行うにはログインが必要です。
ネタ評価投稿
評価を投稿するにはログインが必要です。

評価全体
平均評価:8.0 ☆合計:0 評価者数:1人
評価個別
評価者:BONBORI 評価:8 投稿日時:2016-12-31 19:26:55
穏やかな空気が崩壊していく様子が上手く描けていました。
流れに無駄なものがなく、伏線が回収されていく様が見ていて爽快でした。いつの間にか密室を作り上げたのは恐ろしくて思わず鳥肌がたってしまいました。
飄々と園児を殺していく岡井のキャラクターにも惹き付けられました。コイツ本当に手品に失敗しただけとか思っていそう。
後はお笑いのネタとしてはエグい描写が多いので、そこをマイルドに尚且つ狂喜的に見せてくれればさらに良いものになると思います。
主人公の独白はよく書けているので、後はもう少しネタを見るつもりだった読み手を置いていかないように意識してみてください。